antonne’s blog あんとんねのブログ

日々の出来事の記録 あんとんねえ=なんてことない、大丈夫

春の益子参考館

f:id:antonne:20200324204850j:image

 

益子の参考館は陶芸家 濱田庄司が自ら参考とした品々を、広く一般の人々にも「参考」にしてほしいとの意図のもとに、開設された美術館です。


 濱田庄司の自邸・工房の一部を活用し、彼が生前に蒐集した品々と自身の作品をはじめ、僚友であった河井寛次郎バーナード・リーチらの作品等が展示されています。

 

入館料800円 月曜、年末年始休館  詳しくは下記リンク先参照

(https://www.mashiko-sankokan.net/より引用)

 

 

f:id:antonne:20200324204911j:image

やっぱりバーナード・リーチの作品はステキ

個人的な趣味だけど、、、、

陶芸だけではなく、木工などの工芸品も手掛けていて、どれもセンスがいいと思う

 

各国の作品も並べられている中で

ダントツで沖縄の骨壺が興味深かった。

故人の新たな家ということだろうか。

とてもよくできている。

先祖を大事にする文化なのだろう。

今はどうなのかな。

f:id:antonne:20200324210241j:image
f:id:antonne:20200324210234j:image
f:id:antonne:20200324210237j:image

 

作陶のための工房

美しい

f:id:antonne:20200324205557j:image
f:id:antonne:20200324205601j:image
f:id:antonne:20200324205605j:image

 

カフェではさんぴん茶や菓子などを食べることができる。急いでいたのでチラリと見ただけ
f:id:antonne:20200324205616j:image

 

発見、、、

登り窯は、いかにも動き出しそう

何かに似ている。

そう、ハウルの動く城だ。顔がある。

体は城でなく芋虫状だが。

とても愛らしい。
f:id:antonne:20200324205611j:image
f:id:antonne:20200324205551j:image
f:id:antonne:20200324205548j:image

 

参考館の庭は正に春の風情

 

冒頭のスミレを始め、

カタクリショウジョウバカマ、ヒュウガミズキが咲いていた。

f:id:antonne:20200324211601j:image

f:id:antonne:20200324205554j:image
f:id:antonne:20200324205545j:image
f:id:antonne:20200324205608j:image

 

移築前の当時の浜田庄司邸の模型

f:id:antonne:20200324211551j:image