antonne’s blog あんとんねのブログ

日々の出来事の記録 あんとんねえ=なんてことない、大丈夫

暑さを凌ぎに

f:id:antonne:20220702225521j:image

日曜日は里山作業デー

Amazonさんでスクリーンテントを購入しました。

テンマクデザイン モノポール インナーテント メッシュ

https://amzn.asia/d/hbHQC1n

 

モノポールテントは初めてで、どんなものかと思いましたが、設営は至って簡単、しかも軽い!お値段かなりお手頃。

 

作業の合間に虫を避けながら涼もうかと思ったのですが、甘かった。日陰で作業するも汗だくだくになってしまいました。


とはいえせっかくはったので中に入ってみることに。
f:id:antonne:20220702225541j:image

青い空、木々の緑がよく見えて気持ちがいい。

けれど風がないので、暑い、、、

少しでも吹いてくれるといいのですが、、、
f:id:antonne:20220702225628j:image

 

暑いだけで汗でテントがダメになりそう。すぐに出ました。でも、少し涼しくなったら虫も出てくるので必需品になりそうです。

f:id:antonne:20220704205759j:image


1週間あいたので、ズッキーニが40センチくらいになってました。硬いけど、ネット情報で食べられるというので持ち帰りました。

枝豆は水が必要です。もう少し膨らんでくれるといいのですが、その前に干からびそうです。

草も生えていましたが、暑いのとここで刈ってしまうと保水力がなくなるので、しばらく様子見ることに。
f:id:antonne:20220702225510j:image

連日の日照りで平地は草木が萎れていましたが、森の中は涼しくまだ大丈夫そう。でも地面は乾いてきており、時間の問題。台風の雨に期待です。

 

アジサイにはヨツスジハナカミキリが来ていました。
f:id:antonne:20220702225537j:image

 

ご近所さんにいただいたエゴノキに実がつきました。何年かかったかしら
f:id:antonne:20220702225531j:image

 

ムラサキニガナ 。食べると苦いのか。
f:id:antonne:20220702225517j:image

 

染色に使えるというギブシの実
f:id:antonne:20220702225546j:image

アマガエルの子。
f:id:antonne:20220702225550j:image

 

ウズグモ
f:id:antonne:20220702225528j:image

 

キアゲハの子。フェンネルに4匹もいました。
f:id:antonne:20220702225524j:image

 

母がこの土地を買ったときに記念に植えたヤマボウシが満開です。

剪定をしなかったので自然体で大きくなりました。
f:id:antonne:20220702225534j:image

 

暑かった夜、食欲も落ちたところで鯛を焼いてお茶漬けを作ってもらいました。

ありがたや
f:id:antonne:20220702225514j:image

柘榴石拾ってきました。

先日、水晶を拾っていた時に出会った方に案内してもらって、柘榴石=ガーネットを拾いに行ってきました。

f:id:antonne:20220622102945j:image

汗かきかき、山の急斜面を登ります。火薬庫跡や、トロッコ?のようなものを横目で見ながら、さらに登って抜けると、緑が青々しい坑道跡が急きょ現れます。沢が流れ、涼しい!

 

坑道跡の壁は石英がびっしりと張り付いていて、さすが鉱山という感じ。コウモリが奥にはぶら下がっていて、時折り飛び交います。春に巣立った岩燕の巣もあります。この坑道跡を見れただけでもう満足です。

f:id:antonne:20220622102942j:image

 

案内してくださった方がほとんど取ってくださったものですが、こんなに取れました。

f:id:antonne:20220622101906j:image

 

f:id:antonne:20220622101955j:image

 

欠けているもの、育っている途中?のもの形は様々ですが、小さくてもしっかり24面体になっているものもありかわいい。不純物が入っているのが、いかにも自然物らしくて好きです。
f:id:antonne:20220622101958j:image
f:id:antonne:20220622101945j:image
f:id:antonne:20220622101949j:image

 

そしてこの鉱山跡は、白雲母がたくさんあり、そこに一緒になって現れるのが特徴とのこと。

母岩付きの小石も拾うことができました。
f:id:antonne:20220622101951j:image

 

今度は、秋にと約束をしてお別れ。とても楽しいひと時を過ごしました。

一足早い誕プレ

土曜日は里山作業デー

フェイジョアの木が花が満開

木も大きくなったので見応えあり!

ほんのり甘い花びらを食べながら褒めてあげます。

f:id:antonne:20220620142226j:image
f:id:antonne:20220619072046j:image

 

そして、祈願していたベビーキウイがようやく実を付けました!長かったなあ。

f:id:antonne:20220619072022j:image
f:id:antonne:20220619072016j:image

 

ヤマモモは昨年大豊作だったので、少なかはありますが、実を付けていました。大きな実になりそうです。
f:id:antonne:20220619072003j:image

 

畑では、ズッキーニの赤ちゃんがさくさく育っていました。
f:id:antonne:20220619072037j:image

 

ブラックベリーも順調。たくさん実を付けています。
f:id:antonne:20220619072000j:image

 

プレハブ横はホタルブクロの群生地となりつつあります。
f:id:antonne:20220619072054j:image

 

春に株分けした睡蓮も順調に成長し、花を咲かせてくれるようです。
f:id:antonne:20220619072019j:image

 

春に咲くノアザミ
f:id:antonne:20220619072028j:image

 

ティートリー、ヤマボウシ、スモークツリーも満開
f:id:antonne:20220619072013j:image
f:id:antonne:20220619072010j:image
f:id:antonne:20220619072051j:image

 

蘇轍も立派になりました。
f:id:antonne:20220619072049j:image

 

森の中は緑が茂り、うっそうとしてきました。

小綬鶏がけたたましく鳴いています。
f:id:antonne:20220619071956j:image

 

暑いけれど、風が吹いていて爽やか。

花壇と玄関の草取りをしました。

竹箒を更新するのに、現場用箒とやらを買いましまた。取った草を集めましたが、とても腰があって、作業がはかどりました。次回もこの箒にしようと思います。
f:id:antonne:20220619072025j:image

 

夫さんが、里山に向かう道中誕生日が近いからプレゼントはいらないのか、なにがいいのかと朝から何度も何度も聞かれます。何だかなあと、もういつもいろいろ必要なものは買ってもらってるし、特に欲しいものはないよと言いつつ、作業用剪定鋏をお願いしました(下)。
f:id:antonne:20220619071952j:image

 

そして里山からの帰り、もっと誕プレ欲しいんじゃないの?これが欲しかったんじゃないの?と渡されたエピガスの蓋付チタンマグカップ500ml !
f:id:antonne:20220619072043j:image

 

そして、昆虫フィギュアまで!!!

息子の部屋にあったので、くれくれ言っても無視されていたので、夫さんが買ってきてくれました。ガチャガチャだそうで、もう置いているところがなく、難儀したそうです。

ありがたや

 

植物に乗せたら、本物と間違う素晴らしいできのカマキリ
f:id:antonne:20220619071948j:image

 

スズメバチの尻からは針が出し入れされます。
f:id:antonne:20220619072032j:image

 

夫さんより最後に一言。

物欲の塊だねえと、、、はい、すみません。

甘やかしてもらってますね。

 

昨日は父の日だけど何もなく申し訳なく終わりました。すまぬ。

 

ジャボチカバが収穫期を迎えました

ジャボチカバが次々と花を咲かせ実を付けています。今年は期待できそう。

上の方に二つ

f:id:antonne:20220616070103j:image

下の方に三つ
f:id:antonne:20220616070106j:image

 

下の写真は6/3に収穫しました。ジャボチカバの実は収穫したら数時間で味が落ちるとのことで流通していません。育てている特権で私がいただきました。

ライチのような葡萄のようなおいしさ。

種はよく洗ってすぐ土に植えます。

 

f:id:antonne:20220616070101j:image

 

なかなかみきが太りませんが、それでも次から次へと実が付くので、成長を見るのが毎日楽しみです。

 

将来、私が生きているうちにこんな風になるといいなあ。

f:id:antonne:20220616102459j:image

(出典:https://encrypted-tbn3.gstatic.com/)

 

 

週末はまったりと

f:id:antonne:20220612210511j:image

雨模様になるならと言われ、朝から手仕事。

ようやくキルト完成。最後の仕上げのバイヤス部分がなかなか進まず。何ヶ月もかかってしまいました。なんとか場所が空いていた居間の壁に飾り付けました。

 

昼は、散歩をしに行こうと、ぶらり柏駅前へ。手芸屋さんや画材屋さんを見て歩きます。

 

絵手紙用にホルベイン クレスター水彩紙 ブロック 中紙210g(並厚口) を50枚610円で購入。店主さんに安くなっている月号の特別注文品の残りのスケッチブックが安くなっていると教えてもらい、そちらも購入。クロッキー用紙、水彩用紙、ケント紙他、教材用として材質の異なる紙がセットされてて、B4サイズが290円、ひと回り大きいと390円で、とにかく安くてびっくり。B4のものを3冊いただきました。

 

お昼ご飯はイトーヨーカドー裏の焼き鳥と、もとそごうの近くの恵比寿屋さんでお好み鯛焼きを買って帰路へ。

 

一休みして、私は犬の散歩へ、夫さんは夜ご飯の仕込み。私が焼売、グリーンピースご飯を食べたいと言っていたので、今晩は願いが叶いそうです。

f:id:antonne:20220613095713j:image

 

犬の散歩から帰ると、娘が孫を連れてやってきて孫だけ置いていきました。石や貝を並べたり、恐竜の図鑑を出して説明してくれたり、昼寝用の膝掛けに隠れてみたりと、いろいろ楽しませてくれました。

 

孫が帰ると夕飯です。久しぶりに息子と3人で囲むごはん。あっという間に焼売が売り切れ。やっぱり手作りの焼売はジューシーで美味しいですね。 

 

f:id:antonne:20220612204433j:image

家でとれた絹さやのなり過ぎたもの、しめじ、白子の炊き込みご飯。


f:id:antonne:20220612204427j:image

あまりにすごい勢いでなくなったので、今度は倍作ろうかねと、夫さん。楽しみに待ってます。


f:id:antonne:20220612204430j:image
先日取ってきたフジツボに花を活けてみました。しばらく水があったので大丈夫かと思っておりましたら、翌朝にはすっかり吸ってしまって空になっていました。樹脂か何かを内側に塗らないとダメそうですね。


 

石拾いと出会い

f:id:antonne:20220605113848j:image

梅雨入り前の爽やかな土曜日

雨で洗われた水晶を探しに行こうと朝4時起きして、一路茨城へ

 

ポイントに向かう道すがら、紅葉イチゴの実をつまみながら、花見、生き物観察をします。なかなか目的地まで辿り着きません。後から来た人たちが、どんどん追い越していきます。

みんな足が早いなあ、、、と夫さんとのんびり進みます。

 

脇にはコアジサイハナイカダなどが自生していて四季折々楽しませてくれます。
f:id:antonne:20220605113859j:image


f:id:antonne:20220605113851j:image

ホコリタケ、ちょっと大きくてもう食べられないかな。


f:id:antonne:20220605113845j:image

サワハコベかな


f:id:antonne:20220605113905j:image

センチコガネがキイキイ鳴きながら動き回っていました。


f:id:antonne:20220605113855j:image

キンモンガ。美しい蛾です。

蝶とがの区別の方法が今一つ分かりません.

 

f:id:antonne:20220605113839j:image

ヒメクロサナエを訂正します。

ムカシヤンマとのこと。出会えてかなりうれしい!

幼虫は湿ったコケの中にトンネルを掘って住み、半水生の生活をし、成虫になるのに約3年かかると言われています。

 

夫さんはいくつか水晶をゲットしましたが、、私はさっぱり。昼ごはんを食べたら、なんだかくたびれて眠くてシートを敷いてごろっと一眠りしようとしていたら、茂みから人が現れてびっくり。相手の方もびっくりしたようで、お互い会釈したものの、急いで去っていかれました。

 

それから5分。今度は左から通りを歩いてくる人が。お互いにこにこご挨拶。蛍石をとりにこられているそうです。取れると聞いてはいたけれど、どこで取れるかわからないので、私たちは興味津々。休んでいたところのすぐそばで取れると、連れていって教えていただきました。

 

私たちはそこは行ったことがあるものの、探し方もどこにどうあるのかもわからず、スルーしていました。

 

また、持っているのを貸してくださり、取り方も教えてくださいました。

1時間くらいでたくさんとることができました。世の中にはなんで親切な方がいるのでしょう。

 

私が蛍石を取るのに夢中になっている間、鉱物拾いを始めたきっかけや、これまで行ったところなど、夫さんと話がはずみます。

 

今度、またその方のお連れさんと4人で拾いに行くことを約束して帰ってきました。

 

益子でも石拾いの話で作家さんと盛り上がりましたが、石拾いは人をつなげてくれる力があるのかもしれません。

 

次が楽しみです。

f:id:antonne:20220605113842j:image

 


f:id:antonne:20220605113837j:image
f:id:antonne:20220605113911j:image
f:id:antonne:20220605113902j:image
f:id:antonne:20220605113908j:image

私のブラックライト は外ではあまり活躍できませんが、家ではこの通り、美しく蛍石を照らしてくれます。でも外で取るように新調することにしました。一回の充電で4〜5時間使えるそうです。今日届く予定。

 

石拾いも今回の出会いのおかげで新たな展開を迎えそうです。

朝のひと仕事

f:id:antonne:20220602103408j:image

娘より朝から招集がかかりました。

家の庭の木に、蜂の巣ができたので見にきてほしいとのこと。

行ってみるとスズメバチの巣が造られ始めていました。

美しい木星のような模様、、、じっと見ていたいところ、娘が市に駆除を頼んだ方が良いかとか、慌てふためいてます。

お母さん蜂はお留守のようなので、かわいそうではありますが、お留守のうちに撤去させていただきました。

 

幸い、巣の中にはまだ子ども部屋も卵もなく、建築し始めてままなかったようです。

 

お母さん蜂には最後まで会えませんでしたが、ごめんねと言いつつ、朝のひと仕事完了。

 


f:id:antonne:20220602103402j:image
f:id:antonne:20220602103406j:image

娘ときたら、花にやってきているハナバチたちを見て、これがスズメバチ!?などとキャーキャー騒ぎ、子どもに悪影響を与えるのではないかと、ちと叱責。怖がって避けるのではなく、ちゃんと調べるようにと。そんな姿勢が大事であると。まったく、こまったものです。